販売品のご案内

トップ/甲冑トップ/面頬



販売品
甲冑 兜


販売品
刀掛 太刀掛


販売品
面頬

販売品
火縄銃
トップ
ページ
三つのお約束

小社ではホームぺージ掲載の商品以外に数百振りの日本刀をご用意しております。
ご要望は弊社までお気軽にお問い合わせください。

ご購入の際は 日本刀通信販売規定をご参照ください。



面頬各部の名称はこちら

品番
種別
写真
写真
備考
NEW
隆武面頬

写真|

280,000

鉄地黒漆塗鉄板物紺糸素懸縅四段垂面頬

鉄地黒漆塗鉄板物紺糸素懸縅四段垂面頬

江戸時代
縦:約26.3cm 面部横幅:約19cm 垂部幅 21.5cm 奥行:約13cm

 頬骨を強く打出して、頬肉を削ぎ落とし、顎先を鋭く叩き出した細面の面頬。鉄地に厚く塗られた黒漆の光沢が面頬の凹凸を一層 際立たせ、特に突出した顎の先端からエラに掛けてのラインは引き締まった厳しいものとなっている。耳には六星の小透かしを設け、汗流しの孔は直径7oほどと小さく、垂(すが)は鉄板物紺糸素懸の四段垂で菱縫は無く、裏は朱漆塗とされ、表裏共に漆の保存状態は良い。口髭や打ち皺が無く、面の様子に溌剌とした若さが感じられることから痩身の若武者に似合い作である。
価額 280,000円(消費税込)

NEW
半頬

写真|
100,000
鉄地黒漆塗鉄板物伊予札紺糸素懸縅五段垂半頬

鉄地黒漆塗鉄板物伊予札紺糸素懸縅五段垂半頬

江戸時代
縦:約21.3cm 横幅:約16.2cm 奥行:約13cm

 顎のエラが張って顎先を強く打出し、鼻部分を覆う金具がないこの種の半頬を猿頬(さるほう)あるいは燕頬(つばくろほう)と呼び慣らわしている。口の部分が僅かに広く仕立てられているのは古式半頬に間々見られるもので、その影響が伺われる。汗流しの穴の形状は梅花透かしとされ、緒便りの環の一方が逸失している。垂(すが)は鉄板物伊予札五段とし紺糸素懸縅で装われている。裾板に菱縫や啄木打などの装飾を設けていないことから実用本位の作であり、流石に引き締まった厳しさがある。同種の半頬としては久能山東照宮にある金溜塗具足(家康所用重要文化財)に附す半頬が挙げられる。

価額 100,000円(消費税込)


NEW
烈勢面
(江戸時代中期)
面頬
写真|
150,000
鉄黒漆
三段板垂
紺絲素懸縅
NEW
烈勢面
(江戸時代中期)
面頬
写真|
ご成約
賜りました
鉄茶漆
五段板垂
紺絲素懸縅
烈勢面
(江戸時代中期)

写真|
商談中
鉄黒漆
折釘

6
隆武面
(江戸時代中期)

写真|
商談中
鉄黒漆
四段板垂
萌黄絲素懸縅
半頬
(江戸時代中期)

写真|
100,000
鉄黒漆
四段板垂
折金
紺絲素懸縅
10
烈勢面
(江戸時代中期)

写真|
ご成約
賜りました
鉄黒漆四段
板垂
紺絲素懸縅
金箔押叩塗
11
NEW
烈勢面
(江戸時代中期)
鉄錆地四段垂海老茶糸縅写真|
ご成約
賜りました
鉄錆地
四段垂
折金
海老茶絲縅

株式会社 銀座長州屋
〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-4
TEL 03−3541−8371 FAX 03−3541−8379

(口座情報)
みずほ銀行 銀座中央支店 普通預金 口座番号 1374611 名義人 株式会社 銀座長州屋
Copy Right(c) Ginza Choshuya Co&Ltd reserved